• トップ /
  • 求人案件が増える時期に活動

求人が増える時期と勤務地

求人案件が増える時期に活動

各企業の求人募集背景を理解する

日本には約420万程度の企業が存在します。その中でおよそ0.3%が大企業とされ、その数はおよそ1万2千社です。つまり日本の企業の99.7%が中小企業なんです。とは言っても中小企業は定義が広く、製造業では資本金3億円以下又は従業者数300人以下、小売業では資本金5千万円以下又は従業者数50人以下となっています。これら中小企業にも支店や支社、工場を持つ企業は多数あり勤務地の選択肢は広いです。よって地域限定社員の求人でなく、全国展開する会社に就職した場合は勤務地が常に変わらないということは無いです。自分が希望する勤務地で働くことが出来る会社かも転職活動では大切です。また求人と言うのはある時期によって増加したり減少したりします。そもそも求人はその企業運営、戦略において人手不足が発生するから行うものです。そして一番求人数が増える時期は1月から3月に掛けてです。これにはきちんと理由があって、冬のボーナスを貰ったタイミング、そして新年を迎えたタイミングで離職者が増えるため欠員を補充するためです。また新卒採用で予定数に届かなかった企業も中途や第2新卒で補充をしようとしてきます。そのためこの時期の求人は従来よりも採用基準も甘くなりがちで求職者に有利な状況になります。

↑PAGE TOP

Menu